'."\n";?> 大腸がん治療と病院選び【症状・ステージ・名医・生存率・検査・抗がん剤】[評判・口コミ・情報] 京都
大腸がん治療[評判・口コミ・情報]

大腸がんとは

大腸がん近い将来、胃がんを抜いてがんのトップになると予想されているが、成長が比較的遅いため治りやすく、早期に発見して治療すれば、ほぼ100%で完治する。ただ、自覚症状が出にくく、血便があっても痔だと判断して受診が遅れ、進行がんで見つかることが多い。便潜血検査や大腸内視鏡検査で早期発見をすることが大事。

進行度(ステージ)で異なる手術法

ポリープ型のがんは、根元にかけたワイヤに高周波電流を流して焼き切る「ポリペクトミー」。平坦で比較的小さながんなら、粘膜下に生理食塩水を注入して病変を隆起させた後、ワイヤで焼き切る「内視鏡的粘膜切除術」(EMR)で切除される。しかし、大きさが2cmを超えると一度に切除できず、「内視鏡的粘膜下層剥離術」(ESD)が登場した。粘度の高い液体を粘膜下に注入し、がんを浮かび上がらせた後、ITナイフやBナイフと呼ばれる特殊な形状の電気メスで周囲に切り込みをいれ、がんを一度にそぎ取ってしまう。

直腸がん

直腸の下部にできたがんは、肛門を残せるかどうかの判断が重要。最新の技術を用いれば、肛門から2〜3cmの直腸下端にできたがんでも肛門温存は可能だが、そのような手術を行う病院は少ない。直腸下部の手術では、肛門を締める括約筋の多くを切除せざるを得ないため、無理に肛門を残すと、ひどい便失禁に悩まされる。肛門は残っても、手術後の便失禁は、日常生活の大きな妨げとなるので、納得いくまで医師と話し合いたい。